井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

「どんな曲が好きなんですか?」という魔の質問

どうも。



「どんな曲が好きなんですか?」と聞かれることがある。

この質問は怖い。

たった一曲、曲名を答えるだけで、その人との関係性に多大なる影響を及ぼすからだ。


答えた曲が、相手も好きなら問題ない。


逆がヤバい。


実は相手が内心、

「チッ!その曲俺嫌いなんだよなー。」とか思っていたりする場合だ。

ヤバい。怖い。人間不信になる。


「人間なんて所詮、裏腹な生き物だぞ。」という声がする。


そういえばタモリは、趣味や考えが相手と噛み合わなければ、それをとことん楽しむと言っていた。

あえて噛み合わないようにしていく時もあるという。


その考え方自体が面白いと思うが、

この質問に対して、どの曲を答えても博打の要素があって、これは命懸けである。


だから無難に、

最近の流行曲を答えるようにしているが、

本当はZARDの「あなたを感じていたい」とか「ぬくもりが欲しくて」とか「あなたを好きだけど」とか「愛がみえない」とか「気楽に行こう」とか筋肉少女帯の「踊るダメ人間」とかが好きだ。

本当のことは言えない。


言えないのだが、適当に流行曲を答えることも、相応のリスクがある。

その曲がそんなに好きでもないのに、ついそれを答えてしまって、

「へー井口君ってその曲が好きなんだー。」と相手に思われるのである。

「勝手にそう思ってろ。」と思うが、

なんかそれも癪だし、やはり適当に答えてもダメそうだ。


ならばここは素直に、「ZARD」の曲を答えるべきか。

ZARD「負けないで」や「マイフレンド」あたりを答えておけば良いのか。

そうなんだろう。



この2曲は世間では有名だろうし、

「良いですよね!」と反応される確率も、きっと高いだろうな。


だが困ったことに、この2曲は好きは好きなんだけど、熱烈に好きかと聞かれたら、それは嘘になる。


結局は流行曲を答えていた時と同じように、自分を騙すことになる。あーそれもダメだ。




困った。

どうすればいいのだろう。


ここまで考えていたら、

もう曲名自体も答えたくないと思ってしまった。


でもここでちゃんと曲名を答えなければ、


「井口君って音楽聴かないのかな?」とか相手に思われそうだ。

違う。

むしろ音楽は糞ほど聴くし、ひとりカラオケにもよく行く。

「あーーー!」

ひとり部屋の中で悶々としてきた。


これにておしまいにしたい。



おしまい。