井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

独り暮らしの寂しさと気楽さ 週末婚についてちょっとだけ考えてみた

どうも。

独り暮らしをしていて、1番寂しさを感じる場面はどんな時だろうか。

個人的に俺の場合、人に会ってから帰宅して、またひとりの状態に戻った直後が1番ヤバい。

寂しいなと感じる。

誰かと喋ったり遊んだりした後で、またいつもの元の鞘に収まる。

ガヤガヤとした時間から、急にもの静かな時間に移る。

あまりのその落差に、余計に寂しさを感じてしまう。

その寂しさをかき消すために、わざと何かしらの作業を行って忙しくする。(洗濯とか食器洗いとか)

忙しさに寄りかかろうとするのだ。

でもしばらく経過すると、何でもなくなってくる。

「独り暮らし最高だなー。気楽だ。」とか思いながら、いつものようにカフェオレとお菓子を飲み食いしながら、ブログの文章を書いていたりする。

俺と同じく、こういう人って他にもいるのだろうか。

寂しさを感じたり、気楽さを感じたり。

自分も人間なんだけど、人間って本当にわがままな生き物だなと思ってしまう。

寂しさを感じるけど、ひとりの時間も欲しい。

だから天海祐希が言っていた、お互いの家を近くにして、週末に往復するような「週末婚」は、わりとアリなのではと思った。

寂しさもあるのだけど、お互いのひとりの時間も確保したい。

ちょうどどちらの願いも叶えてやろうというスタンスなので、あれはなかなか良い。



昔、付き合っていた彼女に「週末婚」を提案してみたら、「なんでずっと一緒に過ごさないの?もしかして私のこと嫌いになったの?」と言われた。

いや、嫌いになったわけではないけどw

後日母親に、「週末婚」について話してみたら、

「めっちゃ良い案だけど、それって若い女の子にはきついかもね。ある程度は年齢と経験を重ねていないと、納得してくれないと思う。」と言われた。

うーむ、やはりそうなのか。

じゃああれか、必然的に、俺より年上の女性になるのか。

週末婚」って、精神的にタフネスじゃないと、受け入れてもらえないかもな。

パートナーとずっとベッタリしていたいタイプの女性には、不向きなんだろうなと思う。


こんなことを考えていて、実際いざ結婚してみたら、嫁とベッタリくっついていたりしてなw


そもそも俺自身、結婚願望があるかないか、正直分からん。

結婚したいなと思う時もあれば、まだひとりで気楽に暮らしていたいなと思う時もある。

結婚願望があったらすぐに行動していると思うし、それがないのだから、まだ自分の中でそこまで切迫感がないのかもしれん。



結婚するはずがないと思われていた、あの馴染みのスタイリストさんでさえも、40歳で結婚した。

あれにはちょっと驚いた。

その人は、イケメンで年収も多いから、モテモテだったけど、きっと30代までは遊び尽くしたのだろう。

遊び尽くしてからの結婚。

それは物凄く理想的だと思うが、このやり方は、若い頃からモテている男にしか出来ない業である。

また、年収が多いと、どうしてもソロ男になりやすい。

今の世の中結婚しなくても、何でもある程度はひとりでこなせる。

飯なんて外食や中食もある。

たとえ家事が出来なくても、お金を支払って、家事代行業者に任せればいい。

性欲は、風俗で事を済ませる。

ガチでその女性と一緒に居たいと思わん限り、また家族というものが欲しいと思わん限り、昔の日本ほどのメリットがない。

これはよく言われる話だ。

まあ、「メリット」と捉える時点で、女性をモノやお手伝い扱いしてるのかと怒りそうになるが。


「人生、何があるか分からないものだよ。」ってスタイリストさんに言われたけど、まあ確かに、それはそうかなと思う。


もう自然の流れにこの身を任せるわ。

「 時の流れに 身を任せ〜 」となぜかテレサテンを思い出した。

おしまい。