井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

「マレニア国の冒険酒場」と「炒め油香るチャーハン」 今ハマっているもの2つ

どうも。

今ハマっているものが2つある。


それは、

スマホアプリの「マレニア国の冒険酒場」と、

セブンイレブンが販売している、

「炒め油香るチャーハン」だ。

ひたすらプレイし、ひたすら食べている。



「マレニア国の冒険酒場」の本編は、840円で購入することが出来るが、途中までのお試しプレイを行って、それがあまりにも面白かったので、つい購入してしまった。



このゲームは探索を行ったり、モンスターを倒すと食材が手に入る。


手に入れた食材を用いて料理を作成し、

自分たちが経営している酒場でお客さんに売りだしていくのだが、

最終的に、親父の借金のせいで銀行の管理物件となってしまった自分たちの家や土地を取り戻すのが目的である。


最終的な目的が、闇に覆われた世界を救うとか、竜王を倒すとかではなく、自分たちの家と土地を銀行から取り戻すというなんとも地味でスケールの小さいものだが、かえってそれがリアリティーを高めている。

ある日突然、親父の借金のカタとして、自分たちの家と土地が銀行に取り上げられて管理されてしまう場面とか、あまりにも現実味が溢れているので、プレイの最中に思わず笑ってしまった。

(同じような経験をされている方、ごめんなさい)



また、料理のレシピをコンプリートするだけでもかなりの時間を消費するので、これはなかなか良い暇潰しを見つけたのではないだろうか。

まだ酒場ランクが4であるため、今後どうなっていくのか分からないが、とにかく楽しみである。



また、他のRPGとは一味違うなと思った特徴としては、主人公たちのレベルは、料理を食べることでしか上がらないという点である。(モンスターを倒してもレベルアップのための経験値は入らないが、スキルの経験値は入る)


料理レシピをコンプリートし、目的の1つである家と土地を取り戻せるよう、今後もプレイしていきたい。



このゲームは、牧場物語とか好きな人にはオススメだが、

基本的には、

「食材を集める」→「料理を作成する」→「酒場で売る」ことの繰り返しである。

そのため、同じようなことを繰り返すことを嫌う人やコツコツ系が嫌いな人には向かないかもしれない。





そしてもう1つのハマっているものとしては、スマホアプリではなく、単に食べ物である。

セブンイレブンが販売しているこのチャーハン。

あまりにも美味しいので大量購入し、今も冷蔵庫の中にストックしてある。


こんなにも1つの商品にハマったのは久しぶりだ。


子どもの時からよく好んで食べていた、


辛いお菓子の「タラタラしてんじゃねぇ〜よ」以来だと思う。(昨日、久しぶりにセブンイレブンに行って、タラタラしてんじゃねぇ〜よを購入した)


最近の冷凍食品は本当に美味しくなったなと、オッサンの俺は感心するばかりである。(この発言自体がオッサンの証)



多分どうでもいいと思うけど、

俺が今ハマっているものを2つ紹介した。

2つともオススメなので、良かったらお試しあれ。



おしまい。