井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

パブロン万能説

独り暮らしをしていて困るのは、風邪や熱で寝込んでしまった時だ。

本当にしんどい時は、自力で病院さえも行けない。

いやそもそも、まず部屋から玄関先まで辿り着くことが出来ないw

それぐらいしんどい。

病院にまで自力で辿り着くことが出来るなら、本当は大したことない。

そう疑ってしまう。

病院内で自分の近くの人とペラペラ喋ってる奴を見かける時があるけど、あれなんて絶対的に大したことない。

(周囲の患者にとっては煩くて迷惑な存在だが、病院にとってはお金を落としてくれるありがたい存在)





あとそれとな、

しんどいとか言いながら、SNSで自分の状況を逐一投稿する奴もそう。

人間、本当にしんどい時は、スマホやパソコンなんて出来ない。

あれは絶対的に大したことないし、単に他人に構ってもらいたいだけだ。

無視で良い。




自力で病院に行けないともなると、あとは部屋で寝るしかないが、その時に常備薬が無いときは本当に困りものだ。(しんどすぎて恐らく死に等しい)



先日、俺は体調を悪くしたが、その時いつも常備していたはずの「パブロン」が切れてしまっていた。

外出する力が無かったので、当然薬局にも行けず、仕方なくネットで購入したが、

配送料なんかを考えると、薬局で購入した方が安い。

貯まっているTポイントなんかで購入出来たらそれが1番いいけど、生憎ポイントは、他の商品を購入する時に消費していた。

タイミングの悪さ半端ない。マジ卍。




おまけに愛しきパブロンが自宅に到着したのは、元気になってから後だった。

このやるせなさ、分かるだろうか。


「常備薬を購入したのだ。だから決して無駄なことはしていない。」

そう無理矢理思い込むことでしか晴らせないこの気持ち。

本当にマジ卍である。




(追伸)

歯痛や関節痛にも効くとか、マジパブロン万能なんじゃね?



おしまい。