井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

気楽さと寂しさの狭間で

どうも。

昨日懇意にしているデリヘル嬢と話していたのだが、

「ひとり暮らしは気楽で快適だけど、ふとした時に寂しくなるよね」と。


ひとり暮らしをしていると、よくある話だ。

気楽さと寂しさは、いつもセットで存在している。



気楽だけど、寂しい。

寂しいけど、気楽。

寂しい、気楽、寂しい、気楽・・・。



この間を行ったり来たりする。

気楽さと寂しさを比べて、

寂しさの方が比重を多く占めた時、

人はシェアハウスに住んだり、同棲したり、結婚したりするのだろうか。(そういう決断を下すのだろうか)

もし結婚するなら、寂しさを埋めるためにするのではなくて、本当に愛し合える人と結婚したい。

それが理想的ではある。

しかし結婚自体が、寂しさを埋めるために機能しているという点も、否定は出来ない。


「愛し合える仲で、尚且つ寂しさを埋められたら最高だよ。一石二鳥だよ。」ってか。

まあ、そりゃそうだ。



(追伸)

「寂しい時は俺の文章を読んで下さい。貴方の寂しさが、増幅してしまうかもしれませんが、もし少しでも忘れることが出来たなら、書き手として幸いです。」


「そうだ。共感し合える者同士、あのデリヘル嬢と結婚しよう。」



おしまい。