井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

ストレートな愛情表現が好き

おはようございますこんにちはこんばんは!



俺はストレートな愛情表現をしてくる女性が好きで、そういう女性に弱い。(犬みたいな愛情表現)

また、明らかに好意を隠しきれていない女性も好きだ。


素直に可愛いと思えるし、心震えるというか、感動してしまう。




逆に、駆け引きを多用する女性はあまり好きではない。


なんかその面倒だ。

ダルい。


分かりやすい人には好感がもてる。


この女性、なんか可愛いなと、微笑ましい気持ちになってくる。




また、男の嫉妬心を煽らせて、追いかけるように仕向ける女性も好きではない。

自分への愛情度はどのくらいかを試しているのか、男同士を競争させ、より強い男を獲得したいのか。

真意は定かではないが、超絶ダルい。


「男は昔狩りをしていた生き物。その習性が今も残っているのだから、嫉妬心を煽らせて、追いかけさせればいいのよ。」とか言ってる女性を見ると、

「誰が追いかけてやるかバーカ!反対に、そっちが追いかけてこいや!」とか思ってしまう。


高飛車というか、自分の価値は高いと威張っているというか、そんな印象だ。

男たちが狩りをしていたのは確かだが、昔よりかは今は情報が溢れかえっている。

昔から使われている恋愛テクニックだとか、ネット検索でもすればいくらでもヒットする。


その情報を元に色々吟味して、よく考える男性が増えたのではないだろうか。

また、草食男子と揶揄されることが多い昨今だが、

そんななかでも、本当にその女性のことが好きなら、自分からアプローチしていくと思うけどな。
(但し全員そうではない、アプローチ出来ない男もいるし、恋愛自体に興味のない男もいる)

俺が言いたいのは、全ての男性をひとつに纏めるなということだ。


積極的にアプローチして、セックスしまくる男もいる。


アプローチする勇気がないだとか、そもそもアプローチのやり方が分からないだとかの理由で、積極的にアプローチ出来ない男もいる。


そもそも恋愛自体に興味のない絶食系もいる。

色んな男が存在するのだ。





☆そもそもアプローチしていきたいと思える女性がいない。


☆今は恋愛よりも自分の趣味に没頭している。
(恋愛よりも楽しいと思えるものがある)


☆コスト計算を行ったり、自分へのリターンを考えてしまう。(投資概念で恋愛を捉える投資脳や合理脳の持ち主。時間とお金と労力をかけてまで、果たしてアプローチしても良いのか、本当にそれだけの価値があって見合うのか、自分へのリターンがどれだけなのかなどを計算する)


こういう男性が増えたのかもな。



男も進化したというか、賢くなったというか、細分化されたというか。

単に男たちから相手にされない、もしくはされなくなったことを、「草食男子が増えたからねー!」とか言って合理化してる女性もいるが、あれは本当に笑える。


そもそもアプローチされるだけの価値がないだとか、もしくは価値が下がっただけだろうと。

そのことに気付いていないのか、それとも気付いているけど認めたくないのか。




すまん。


なんか途中から話が脱線してしまったが、

要するに俺は、ストレートな愛情表現が好きだということだ。

素直にストレートに、愛情表現してこられた時には、案外コロッといってしまうので、俺を攻略するのはめっちゃ簡単かもしれないw

「駆け引きがないなんて、まだまだおこちゃまねー。」と誰かに言われてしまいそうだが、

あのな、この年齢にもなってくると、そういうプロセス自体が超絶面倒に感じてくるんだ。

駆け引きが恋愛の醍醐味?


それも分かるけど、今はそのなんていうか、面倒なんだ。



最近では、気付いているけど面倒なので無視することも増えたな。


また、自分への愛の深さを確かめるために、

わざと俺のことを試してきたりする輩もいるが、そういうのも一切無視だ。

ダルい。

カフェオレが美味い。


とにもかくにも、素直が1番である。




(追伸)

「今日も頑張って書きました。自分で自分を褒めてやりたいです。」



おしまい。