井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

素晴らしい女性

おはようございますこんにちはこんばんは!

遂にデートの約束をしてしまった。

スイーツ巡りだとか、海遊館に行くだとか、いわゆる王道のデート内容であるが、「同伴」や「アフター」ばかりしていた俺からすれば、これはまさしく異常事態である。

夜の世界に没入し、性欲を解消しまくっていた俺にとって、普通のデートが逆に新鮮に映る。

なんか久々なので、要領というか、手順というか、それらを忘れてしまっている感があるんだがw

彼女は今の時代では珍しいタイプで、

「男を立てたい、尽くしたい」と公言してくれ、実際にもそのように接してくれている。

俺にはもったいないぐらいである。

男のことをバカにする女性が多い昨今、俺にとってはかなりの好感触だ。

きっと男の扱いにも慣れているのだろうし、男の訳のわからぬ変なプライドの存在も知っているのだろう。

そういう気持ちを持っていてくれているだけでも、とても素晴らしいなと感じてしまうアラサーのオッサンだが、

そのように接してくれていると、こちらもその女性のことを、一生大事にしなきゃなと素直に思える。



また、父権の強い家庭環境で育ったというのも、かなりの上で影響しているのだろう。

男をバカにするような女性は、きっとその家庭自体が、父親のことをバカにするような環境で育った可能性が極めて高い。


また逆もしかりで、男のことを立てたり尽くしたりしてくれる女性は、自分の父親が家庭内で尊敬されている、尊敬まではいかずとも、それなりに父親の尊厳が保たれていることが多い。

後は、その女性の職業もある。


「看護師」や「美容師」なんかのいわゆる師(士)業
職に従事している女性だったり、夜のお仕事に従事している女性は、そういうタイプの人が多いと思う。





男の方も、女性に尊敬されるように、しっかりしなきゃいけないだろうし、甘えてばかりではいけない。

尽くされることに慣れてしまって、最初は尊敬されるような男だったのに、段々とダメ男に成り下がるという例を、俺は今までいくつも見てきたからだ。

尽くしまくる女性の方も、時には男に対して、厳しく接する必要があるかもしれない。

何にせよ、異常事態である。




(追伸)

「どちらかというとインドア気質なので、デートに着ていく服を購入しなきゃいけない。ヤバい。」




おしまい。