井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

久々にデリヘル

おはようございますこんにちはこんばんは!

密かにこの冒頭の挨拶が、マイブームになっております。




〈本文〉

昨日は久々に、デリヘルを注文した。(出前寿司みたいに言うな)

相手は19歳のEカップだったが、いやー若いの何のその。

「平成10年生まれです。」と言われた時の衝撃な。

俺は昭和63年生まれなので、悲しいかなギリギリ昭和だ。

これは神のイタズラなのか。

なぜ神はこの俺を、平成生まれにしてくれなかったとつくづく思うが、どうせ平成生まれの奴らも、もうじき古い年号になる。

「えー昭和生まれなんですかー?古いですねー!」という台詞も言えなくなるから覚悟しろ!



それはとても良い気味だが、それにしても、19歳のあの輝きは、一体なんなのだろうか。

広瀬すず(広瀬くず)と同じ年齢やね!」と言ってみると、「うん。」って返事したが、彼女曰く、

深キョンみたいなアラフォーになりたいらしい。

確かに、深キョンは可愛い。

あれでアラフォーだとか言うのだから、破壊力抜群であることは間違いないが、是非ともその、頑張って目指してもらいたい。


シャワーを二人で浴びてから、フェラをしてもらった。


フェラはとても上手かったが、射精はしなかった。


それを向こうは落ち込んでいたが、悪いのはこちらの息子だ。

だから気にしなくていいと言っておいたが、デリヘル嬢にとっては、勃起させたり射精させたりするのが仕事である。

だからそういうわけなのか、それを真剣勝負と捉えている嬢もいるし、義務感みたいに捉えている嬢もいるのは確かだ。

若くて鮮度のあるおっぱいを揉めたし、性格も良かったのだから、それでわりと満足していたので、そんなことは気にしなくていいぞ嬢よ。


(追伸)

次はセックスのセミナーに通います。




おしまい。