井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

適当にあるがまま、自分らしく生きれば良い

どうも。

自分の既往歴を眺めていたら、高校1年が15年前であることに気付いた。

月日の流れは早いものである。

最近は予定が埋まりまくっているため、ブログの更新がなかなか出来ない。

しかし今日は、完全に1日オフであるので、こうしてブログを書いている。

嬉しい。

何をして時を過ごそうか。

オフの日には、洗濯をしたり、書籍を読んだり、音楽を鑑賞したり、DVDを観たり、将棋を勉強したり、絵を描いたり、ブログを書いたり、散歩に出掛けたりして、時を過ごしている。

自分自身ではもの凄く楽しんでいるのだが、

「じじいみたい。」とか言われる。(やかましいわ、ほっとけやw)

出来ればずっと、書を読み、文章を書いたりなんかして、時を過ごしていたい。

が、やるべきことも多いため、こういう自分の時間をいかに捻出するか、それに頭を使っているところだ。

まあ、でも本当は、人間の最終的な人生のゴールは死ぬことであるので、何ひとつやるべきことなんて存在しないのだけどね。

そんなことはとっくの昔から知っているし、タモさんもそう言っていた。(タモさんが言うなら間違いない)


死ぬことが最終的なゴールなので、人間の人生自体は無意味なものだ。

だから本当は、何もしなくても良いのだけど、

何もしなければそれはそれで、生きている限りは、多分苦痛になってくる。

何か暇潰し出来ることはないかと、きっと探し始めるだろう。

その上、忙しい時には暇を求めるくせに、暇な時には忙しさを求めるのだ。

人間って思うに、常に相反することを抱えながら生きているのだと思う。


俺も「暇だなー。」とか思っていたのだけど、

いざこうして忙しくなってくると、今度は逆に、

「暇になりたいなー。」とか言ってるからなw



「人間は自由の刑に処されている」

これはサルトルさんの言葉だが、まさにこの通りで、死ぬまでの間はずっと、

自由という名の刑に処されている。

人生自体は無意味なものだが、無意味だからこそ、勝手に自分自身の人生に、意味を与えても良いのだ。

「死ぬまでの間、俺はこうして生きる!」

「俺の人生の意味はこれだ!」ってね。

そうやって勝手に自分の人生に意味を与えておいて、死ぬまでの間、適当に暇潰ししておけば良いのだと思う。

趣味も仕事も、暇潰しの一環よ。

死ぬまでの間、何をしてもいいし、何をしなくても良い。


それこそ本当に自由なんだけど、自由だからこそ、漠然と不安感や迷いが生じてくる時もあるのだろう。

人間の価値、人間の人生は大したことないし、そんなに大それたものではないのだから、

適当に自分らしく生きれば良い。


おしまい。