井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

迷ってしまった時は、心がワクワクするかどうかを常に問いかける

どうも。

最近、自分なりの「身体障害論」だとか、

自己啓発論」みたいな類いの文章ばかりを書いてる気がする。

なぜだろう。

これは三十路前のせいなのか。

己の生きてきた今までの足跡を静かに見つめ直したり、現在の自分自身の境遇についてあれこれ考えたりする時間が、確実に増えているのだ。



プロフィールには、主に「三国志」に関する記事を書くと宣言しているくせに、これである。


まるでこれなら、「書く書く詐欺」ではないか。


それなのに今日も、

三国志」に関する記事は書かない。
(実はホントは、何も思いつかないので書けないだけ)


三国志」の文章を期待している人は、ごめんちゃいである。


お互いが生きていたら、またその内どこかで目に触れる機会があるだろう。


いつか俺が思いつくだろうから、気長に待っていて欲しい。(80%以上の確率で思いつかない)


さて、本文に入る。

今は29歳だが、決めたことがある。


それは今後の人生において、

自分の心がワクワクする方向に行き、死ぬまでの間中、ずっとワクワクすることをしていこうと。

自分が選択すべき道は、果たしてどれなのか。


そんな風に迷ってしまった時は、

自分にとって、心がワクワクするかどうかを問いかけようと思った。

「心の底からワクワクするかどうか」を基準にして生きてみたら、人生結構気楽なのではないだろうか。



人生に基準を設けるべきかどうか。

それは人それぞれだろうし、設けたかったら適当に各自しろと思うが、

もし設けるとしたら、これぐらいのシンプルな基準の方が、丁度良いのではないか。

アホだけど行動力とコミュ力だけはある奴だったり、そこそこ頭が賢くて社交性のある奴だったりを眺めていたら、人生を難しく捉えていくことが、何だか馬鹿らしくなってきたのだ。


「心がワクワクするかどうか基準にして、すぐに行動を起こす。」

煩雑な世間だからこそ、

シンプルな考え方やシンプルな生き方の方が、

上手くゆくのかもしれない。



おしまい。




















おしまい。