井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

ヘビロテしまくっているZARD曲一覧

どうも。

今日はZARDの曲の中でも、俺がヘビロテしまくっているものについて書く。





☆永遠

ドラマ「失楽園」のタイアップ曲であり、不倫関係にある二人を描いている。

そのシーンに限らず、自分の恋人のことを想いながら聴くと、じんと胸が熱くなる。

結婚しなきゃという気持ちになる。

俺も永遠の愛に眠りたい。




☆Don't you see!

冒頭のイントロ部分からいきなり心を鷲掴みにされる。

ヤバい。切ない。

あの音は反則。

歌詞の解釈も色々と出来るため、面白い。

120点。




☆My Baby Grand 〜ぬくもりが欲しくて〜

織田哲郎のメロディーは、どうしてこんなにも耳に残るのだろうか。


爽やかなんだけど、切ない。切ないんだけど爽やか。

俺もぬくもりが欲しい。


☆心を開いて

なんと言っても歌詞が良い。

似た者同士の不器用な二人を描いているが、


歌詞の「ビルの隙間に 二人座って 道行く人を ただ眺めていた 時が過ぎるのが 悲しくて あなたの肩に寄り添った」という箇所が切なすぎる。

永遠なんてもの、そんなものは本当は無いと知っている。

だけどずっと、あなたと同じ時を過ごしていたいの。

ZARDは、こういう曲が多い。

聴いていると、つい感傷的になってしまう。


「あー!俺はどうして純粋さを忘れ、デリヘルに興じるようになってしまったのか!」



悔い改めたいと思うが、多分無理である。

この脳ミソが変わらない限り、それは叶わないことだろう。

せめて曲を聴いている時だけでも、純粋な人間でいたいと思った。


☆goodbye my loneliness

デビュー曲のせいか、声質が異なる。

他の曲よりも、全体的に低音だ。

芯の強さがひしひしと伝わってくるし、いつもの感じよりも太い。

彼女は孤独で寂しい。

そしてこの恋心に揺れ動いている。

今すぐ抱きしめなきゃならない!

そう思わせる曲である。



☆あなたを感じていたい

広瀬香美の曲のように、多分スキー場で流すと1番良いと思う。

ZARDの歌詞はいつも可愛らしさがあるし、

「あ、この人は相当モテ女だったんだろうなー。」ということが嫌でも分かる。

現実世界でこんな女いないだろうとも思うが、あまり存在しないからこそ、リスナーは、歌に夢を見るのだと思う。

見習え、男のことをただの「ATM」としか思っていない女ども。




☆あなたを好きだけど

個人的に、この曲はヤバい。

サビ部分の脳内リピート率が半端ない。

気付いたら、ずっと脳内で繰り返している。

洗濯している時も、食器を洗っている時も。

ドラッグ曲だ。




☆セパレート・ウェイズ

聴いていると、ゆらゆらと体を動かしたくなる。

どこか遠い世界へと来てしまったという感覚になる。

サビの伸びは、中毒性があって秀逸。



☆season
この哀愁感、半端ない。グッとくる。

その出しそびれた手紙、俺にくれ。



☆二人の夏

一歩間違えばストーカーになりそうな歌だが、じんとくる。

歌詞は全体的に悲しい。

こういうどうにも叶わない暗い曲が多いが、彼女自身、恋多き女性であることが分かる。

特に最後の「元気でね」の部分。

今でも好きでたまらないくせに、気丈に絞り出した言葉。

こんなの悲しすぎるやろ。

聴いている最中に、自分の恋愛経験を色々思い出してしまう。

楽しかったことや辛かったことが、

走馬灯のように駆け巡る。

どばっと感情が溢れ出し、やるせない気持ちになる。

この曲には、それだけのパワーがある。


これは余談だが、

大学時代、付き合っていた彼女がいた。


3年交際していたので、もちろん結婚することも考えたが、何せ俺は身体障害者で車椅子常用の男だ。

当時の俺には、結婚する自信がなかった。

彼女が幸せになることを考えて、

「結婚するなら、他の健常者の男とした方がいい。」と言ってしまった。

本当は誰よりも、その彼女と結婚したかったくせに、そんな言葉を言ってしまったのである。

「どうしてそんなこと言うの?」

「俺が車椅子に乗ってるからに決まってるだろ。」

「そんなの付き合う前から知ってるし、分かっていて付き合ってるんだけど。」

「健常者の男と結婚した方が幸せになれる。」

「アホちゃう!私の幸せは、ゆう君と結婚することなの。私の幸せは、私自身が決めるの。それなのに・・・。」

彼女はそう言いながら泣いていた。

女を泣かせるとか、最低だな俺。

あの時の俺は、本当に馬鹿だった。

どうしてあんなことを言ってしまったのか。

辛い。

今でもはっきりと思い出せる。

辛い。

叶うなら、過去の自分をぶん殴ってやりたい。

あれで完全に、婚期を逃した感がある。

辛い。





ざっとではあるが、以上である。


ZARDの曲はどれも好きで、ランキング付けとかは無理だ。

それは出来ない。


だから今回は、特に好んでヘビロテしまくっている曲を挙げてみた。



(追伸)

以前、「負けないで」や「マイフレンド」をそんなに熱烈に好きではないと書いたが、好きは好きである。

ただこの2曲は、ヘビロテはしていないため、ここでは挙げていない。

結論→「ZARDの曲はどれも良い」

おしまい。