井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

ひとり暮らしの快適さ

どうも。

ひとり暮らしを始めてから、今年の4月で3年になる。

時が経つのは早いものだ。

ひとり暮らしをしようと思ったきっかけは、まず親フラから離れ、ひとりでゆっくりと過ごす空間が欲しいと思ったためであった。


また、親が亡くなった後、ひとりでも暮らせるようにしたかったということもある。

ひとりで過ごす空間と生活力の養成。

結果的には両方を手に入れることが出来たため、良かったのだと思う。

ひとり暮らしをしていると、たまに寂しい時もある。

だがそれ以上に、気楽さが上回る。

親フラもなければ、自分の時間を好きなようにして使える。


こんな快適さを覚えてしまった以上、もう誰かと共同生活を営むなんてこと、ちょっと今からは想像出来ない。

結婚して孫の姿を母親に見せることは、妹と弟に任せよう。

そう思っていたのだが、どうやら妹も弟も、俺と同じような考えを持っていることが、先日のLINEのやり取りの中で判明した。

許せオカン!こんな3人ですまん!

(見たいかどうかは聞いてないから知らんけど)


「従兄弟が結婚したから大丈夫。こっちは分家だし、血の継承や子孫つぐりは、向こうに任せよう。あんたら3人は、好きな風に生きていいよ。」と正月休みの時に母親が言っていたが、本当のところは見たかったりしてな。

「自然の流れに任せて、適度に事に当たろう。」

そんな風なことを考えながら、カフェオレを作りひとり飲む、日曜日の午後であった。



おしまい。