井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

最近のお気に入りの言葉は、「雑魚ユーチューバー」です

どうも。

お気に入りの言葉はあるだろうか。


俺の場合、最近のお気に入りの言葉は、

「雑魚ユーチューバー」である。





f:id:yuto3594:20180124121007j:plain



この言葉を最初Twitterで目にした時、思わず笑ってしまった。

チャンネル登録者数を必死になって増やそうとする、憐れな雑魚人間のもがく姿が、真っ先に脳内に浮かんだからである。


2018年の2月20日から、広告プログラムの参加基準が上がるらしいが、再生回数や登録者数の少ない雑魚には、是非とも頑張ってもらいたいものだ。

今後、淘汰の加速度も上がるだろうが、オリジナリティーに溢れた「良いもの」だけが残っていくと考えれば、素晴らしいことである。

「○○の全メニュー頼んでみた。」だとか「○○のトッピング全部乗せ。」だとか、一体何の役に立つのかよく分からん動画ばかりが溢れていたので、これらが淘汰されることも期待している。

メニューなんてネット検索すればいつでも閲覧出来るし、閲覧している方は腹が膨れなくて飯テロなだけだ。

その上頼んだものを食べ残してみろ。

ただただ、廃棄食品を出しただけだ。

食べ残すぐらいなら、貧困者に分けてやれと思う。

全メニューや全トッピングを頼めば、店側はお金が儲かるから良いかもしれんが、もっと面白い企画は無いものかと思ってしまう。

ユーチューバー自体を否定しているわけではない。

動画内で、上手く話しているユーチューバーには、素直に尊敬する。

また、企画を考えたり、編集作業を行ったりと、裏では大変な仕事であると思うが、こういうオリジナリティーのない企画が、世の中で跋扈していることが、不愉快だっただけだ。

今回、広告プログラムの参加基準を上げたのも、こういうオリジナリティーのない、つまらん動画をアップする、「雑魚ユーチューバー」どもを、一挙に淘汰してしまえという意味合いもあるのだろう。

今後に期待したい。