井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

自殺と遺された人

どうも。

「自殺されると、遺された人は悲しい思いをする。」

これはあるブログで書かれていたものだが、きっと本当なのだろう。

自殺した当事者は直前まで、一体どんな想いを抱いていたのか。

それは分からない。

何かに苦しんでいたのかもしれないし、実は死ぬ直前、穏やかな気持ちになっていたかもしれない。

ただ言えることは、遺された人の喪失感や悲しみは、言葉に尽くしがたいものがあり、生きている限りそれはずっと続くということだ。

その昔、親戚のひとりが自殺したのだが、あれは何とも言い難いものがあった。

なぜ自ら命を絶ったのか。

明確には分からない。

分からないが、苦しんでいることは確かであった。

俺は自責の念にかられ、救えなかったという気持ちだけが残った。

また、自殺したことにショックを受けて、遺された側の人間が後追いしてしまうケースもある。

自殺は、それほどの影響力を及ぼす。


もし俺が自殺したら、悲しむ人なんているのだろうか。

ブログを読みながら、ふとそんな考えが、頭のなかをよぎった。

別に誰かに悲しんで欲しいというわけではない。

本当にそんな人が存在するのかどうか。

それが少し気になっただけだ。


母親は悲しむだろうか。


労力と時間とお金と愛情をかけて、せっかく大人になるまで育ててくれたのに、自殺してしまったなら、それが全て無駄になる。

本当に申し訳ないなと思うが、死ぬ時は死ぬ。

母親や遺された側の人間のことを想像することが出来るくせに、それでも自殺を選ぶのだから、よほどのことだ。


何かに耐えきれなくなった時、俺はきっと死を選ぶだろう。

おしまい。