井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

はっきり言って、身体障害者なんて生き地獄だよ

どうも。

時々だが、死にたくなる。


しかし実際に、死ぬための行動はしていない。

自分の脳内で考えるだけだ。

そのような考えがもたげてきたら、わざとトイレに行ったり、コーヒーを作ったりする。


何か作業を行って、「死」を避けようとするのは、まだこの世で生きていたいと思うからだろうか。

死にたいという気持ちと、まだ生きていたいという気持ち。

脳内で死について考えだすと、この2つがいつもぶつかりあう。


なぜ時々死にたいと思うのか。


それは自分でもよく分からない。



身体障害者」として人生を生きているからだろうか。

そうかもしれない。


だがそれが、「決定打」ではない。

身体障害者として生きることが辛いのか。

もちろん辛い時もあるが、辛いというよりも、疲れたの方がしっくりくる。

同時に、健常者への羨ましい気持ちがわく。

いいなと純粋に思う。

羨ましすぎるから、どの健常者も不健康になれとか考えてしまう。

いけないことだ。

俺は、知的障害もなければ、精神障害もない。

身体障害のみだ。

この身体障害のみという境遇こそが、苦しさを生み出しているのかもしれない。

見た目は車椅子に乗っているので身体障害者だが、心は健常者だ。

両方の気持ちや立場が分かってしまう。

これは武器とも言えるし、デメリットとも言える。

自分を客観視出来てしまうなんて、残酷そのものだ。

分からない方が良かったのかもしれない。

分からない方が、どれほど楽で幸せだろうか。

世間では普通に、俺は「身体障害者」として分類されるのだろう。

しかし自分のなかでは、どちらにも属してはいない。

中途半端で、曖昧だ。


白とも黒ともつかず、

ここに明確なアイデンティティーは、存在しない。

あるのはただ、どちらにも属さないという、

「息苦しさ」だけである。

万歳、喜べ。

これこそまさに、「生き地獄」ではないか。

悲しみなんか、とっくの昔に通り越した。

流す涙も枯れ果てた。

自分のこの境遇に対して、鼻で笑っておいてやろう。

文章を書くことで、このじめじめとした陰湿な気持ちが、幾分かはマシになる。

本質的に消え失せることはないが、一時だけは希釈出来る。

書いても全ては晴れやしないが、書かないよりかはまだマシだ。

書くことでしか晴らせないなんて、とても痛々しい。


書くことは、己のどうしようも変えようがない部分に、光を当てることだから、この行為には痛みを伴う。

現実を再認識させられ、苦しみもがく。

もがいたところで、どうすることも出来ない。

自ら人生を降りない限り、結局のところ、

身体障害者」として生きることを、受け入れていくしかないのである。


出来ることなら自分の人生のリセットボタンが欲しい。

多くは望まないが、今度もし人間に生まれることが出来るのなら、心身共に健康な「健常者」として生まれてみたい。

この願いは、現世では叶いそうもない。

こんな境遇に生まれるなんて、一体俺が何をしたというのだ。

もしかして、過去世で何かやらかしたので、その天罰なのか。

他人に奉仕しまくって、現世で徳を積み、過去の罪を償ったり、まとわりつく全ての業を浄化しろ。

そう言われているのか。

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

なぜ俺は、「身体障害者」として生きているのだろうか。

分からない。


分からないが、今までこうして生きてきた。

これから後、俺はどのくらい生きるのだろうか。


おしまい。