井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

俺の好きな女で、打線を組んでみた 2018年度版

どうも。

毎年、自分の好きな女で打線を組むことを、密かに楽しみにして生きているのだが、どうやらまたこの季節がやって来たようである。

これは義務であり、使命であり、暇潰しの一環である。


これを公表することに関して、一体何の意味があるというのか。

そう尋ねてきた人がいた。


その気持ちは分かるが、何でもかんでも意味を求めてはいけない。

これを公表したからといって、俺にとっては、何のデメリットもないが、まあ、意味を強いて挙げるとすれば、打線についてあれこれと考えている最中は、暇潰しが出来てしまう点だろうか。
(やっぱり意味はないんだと思います)



またすこぶる安心して欲しいのは、これを見せられたからといって、読み手側にとっても、特段何のデメリットもないことである。

危害が加えられることもないし、財産を失ってしまうこともない。

それどころか、この文章を読んでいる最中は、暇潰しが出来てしまうのだ。

画期的だ。

これはまさに、「win-win」の関係性である。

これこそが、俺が到達したかった理想の境地である。


俺は今、世界に幸福をバラ蒔いているのだと、確信してやまない。

またひとつ、新しい答えを見た気がする。





しかし野球の打線というものは残酷だ。

枠が9人しかない。

この9人という枠が、一体今までどれほどの監督を苦しめてきたことだろうか。

その苦しさたるや、計り知れない。

好きな女を9人に絞るとか、俺にとっては苦しみの営みであった。

きっとどんなクロスワードよりも難しい。



苦心惨憺した挙げ句、ようやく編成されたのが、この打線である。

暇があるならば、どうぞ眺めていって欲しい。



2018年のスタメン↓

1(遊)本田翼

2(二)のん(能年玲奈)

3(中)山本彩

4(三)新垣結衣

5(DH)ホラン千秋

6(右)ZARD

7(左)石田ゆり子

8(捕)鈴木杏樹

9(一)鈴村あいり




以上が2018年度のスタメンとなった。

順番に解説していきたい。




1番バッターは、バッサーこと本田翼である。

なんと彼女は1番バッターとして、4年連続で選出されている。

不動の地位を確立しつつある。

俺はやはり、ショートヘアの女性に弱いようである。




また2番には、のん(能年玲奈)を選出した。


あまちゃんでブレークを果たした後、事務所との兼ね合いで少し勢いを殺されてしまった感がある。


紆余曲折色々あっただろうが、今はその苦難さえも見事に跳ね返し、少しずつだが、浮上してきた。

偉そうなことを言って申し訳ないが、物凄く頑張っているなという印象で、彼女を見ていると、別に親ではないのに、親心が炸裂し、頑張って欲しいなと思ってしまう。

今後の彼女の活躍に注目したい。




ここからはクリーンナップとなり、3番には山本彩を選出した。

彼女もまた、お馴染みとなってきている。

実際、ソロライヴに行ったことがあるが、個人的に元気をもらい、心が救われた。

他人に元気や勇気を与えることの出来る人は、非常に稀有な存在だ。

この3番というポジションにじっくりと据え、将来的には4番バッターにしたい。

そんな逸材だ。





4番には、平成の吉永小百合こと、新垣結衣を選出した。

可愛いルックスで、基本的にはキラキラしているのだが、彼女の私生活の情報を、ネットやラジオで知れば知るほど、なぜかふと、底知れぬ「闇」を感じてしまうのは俺だけだろうか。

陰影が強いからこそ、輝きを増すのかもしれない。

さらに飼っているペットが、

ヒョウモントカゲモドキ」なのも高得点であり、なんか知らんが破壊力がある。

まあ、ガッキーは、不動の4番バッターである。

間違いない。


そして大事な5番だが、今年はホラン千秋を抜擢した。

俺の中で株がじわじわと上がり続け、見事クリーンナップへと昇格を果たした。

彼女は可愛い。


ここまで順に解説してきたが、

この打線の本当の凄さや怖さというものは、実は6,7,8番なのかもしれない。

何せ本当は3人とも、4番バッターになれるというのに、あえてこの下位に置かれているからである。

それが凄みを醸し出す。



ZARD,石田ゆり子,鈴木杏樹

強すぎるだろ。

この破壊力たるや凄まじいものがある。

その辺の10代や20代の女性を圧倒的に凌駕しており、もはや無双状態だ。


実年齢を見て、嘘だろと思うほどの美しさを保っており、3人には品性が備わっている。

抱きたい抱かれたいとかのレベルではない。

ずっと眺めていたいのだ。


そして最後に、見事スタメン入りを果たしたのは、AV女優の鈴村あいりだ。


選考理由は、

「エロい。可愛い。セックスしたいから。」である。

彼女を見ていると、身体がウズウズする。



いやはや、今年も強力打線となった。

何せクリーンナップが2つも存在している打線なのだから。

この打線でリーグ優勝、ひいては日本一を狙いたい。

おしまい。