井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

人生のゴールは死ぬこと

人生のゴールは死ぬことだ。

これは誰しもに与えられたもので、変えようがない。

たとえどんなに知識や情報を、沢山頭の中に溜め込んだとしても、最後は死ぬ。

どんなに勉強やスポーツが出来ても、何かに秀でていたとしても、やっぱり死ぬ。

どんな風に生きてみても、最後は死ぬ。

何かを成し遂げたとしても、結局やっぱり、最後は死ぬ。

そう、人間の人生最後のゴールは、死ぬことなのである。

こんなことを考えながら生きている人間が、果たして世の中にどれだけいることか。


ゴールが死ぬことであると決まってあるので、これを幸と思うか不幸と思うかは、人それぞれだ。

人生が有限であるからこそ、頑張って生きていこう、楽しんで生きていこうと思うのか。


それとも反対に、有限であるからこそ、結局は何をしても同じで無駄であると悟り、最後は自らの手で、人生に終止符を打つのか。

正直俺は、どちらの気持ちも分かる。

分かってしまう。


生まれてから死ぬまでの間、人生を楽しんでやるぞという俺もいる。

反対に、何をしたところで結局最後は死んでしまうのかと、悲観にくれる俺もいる。


俺は、この葛藤の中で生きているタイプだが、同じような葛藤を抱く者は、果たして世の中、どれだけの数が存在しているか。


こんなことを一切何も考えずに、ただただ、毎日が楽しいと思えるような人間は、はっきり言って1番強いと思うし、幸福である。

頭の賢い人から見れば、一見馬鹿に見えるかもしれない。

だが個人的には、1番得しているのではなかろうかと感じる。

俺もそちら側に行きたかった。

だが、生憎、物事をネチネチと考えるタイプの人間のようなので、悲しいが断念してしまった。


人生なぞ無意味だ。

そんなことはとっくの昔から知っている。



で、困ったことに、このことに絶望して自殺を選ぶのかというと、そうでもない。

生きる意味は無いけど、死ぬ理由もないのである。

だからこうして、まだダラダラと生きている。

どうしたものかと思案に暮れ、なんとなくネットで検索していた時に、ある言葉に出会った。

そこには、

「人生など無意味だ。でも意味がないからこそ、自分で意味を作り出せるのだ。」

みたいなことが書かれていた。


俺は密かに感動した。


そうだ、この言葉の通り、生きる意味は、自らの手で作りだしてしまえばいい。

とりあえず、デリヘルで1万人抱くことを目標にして、それを生きる意味にしておきます。


おしまい。