井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

儚くて楽しい

どうも。

「繰り返してから人は死ぬ」

前回の記事ではそう書いた。

何も間違えてはいない。

歯が汚れてきたら歯を磨く。

綺麗になる。

また汚れてくるので、歯磨きする。

また綺麗になる。

また汚れてきたら、歯を磨く。

爪切りもそうだ。


爪が伸びてきたら、爪切りを行う。

またしばらくして伸びてくる。

また爪切りを行う。

睡眠もそうだ。

眠たくなったら眠る。

また起き始めて動き出す。

また睡魔に襲われ、眠くなる。

また眠ってしまう。


そしてまた起きて動き出す。

トイレだってそうだ。

冷蔵庫の中身を、胃袋に入れる。

トイレで大便や小便をする。

容量に空きが生じたので、また冷蔵庫の中身を胃袋に入れる。

それをまた大便や小便に変換して、トイレで捨てる。

その繰り返しだ。

冷蔵庫の中身を、胃袋を経由して、トイレに移動させているだけだ。

それだけに過ぎなかった。

別に人間、偉くも何ともない。

こうして見ると、人は繰り返しで成り立っていることが分かる。

そして、繰り返し繰り返し繰り返しまくった挙げ句に、最後は何と死んでしまう。

儚い。


物凄く儚い。

脆い。

物凄く脆い。

人間の人生なんて物凄く儚くて脆い。

だけど楽しいこともある。


その一時の甘い夢を見てから、繰り返しの中で死ぬ。

最高だな。

おしまい。