井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

繰り返してから人は死ぬ

どうも。

自分の考えや想いを、言葉というツールを用いて、それを文章にする。

吐き出す。

外に吐き出す。

ぱっと思いついたことを吐き出す。

そこに修正を加える。

何度も加える。

考えながら吐き出す。

また修正を加える。

書いている最中に次から次へと考えが浮かぶ。

それをまた文章にして吐き出す。

修正を加える。

そして最後にアップする。

これらを繰り返していると、

頭と心の中が整理され、クリアになっていく。

気持ちが軽くなる。

下手すると空っぽになる。

しばらく経つと、ある考えや想いがまた浮かんでくる。

しばらく書かないでいると、少しずつだが頭や心の中で溜まっていく。

それをまた吐き出す。

外へと吐き出す。

また修正を加える。

ここにアップする。

その繰り返しだ。


繰り返し繰り返し繰り返しまくってから、人は死ぬ。

最後は死ぬ。

それで良い。

考えたという証。

書いたという証。

生きたという証。

それをここに残しておく。

きっとそれで良いのだ。

おしまい。