井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです。

ZARDが好き過ぎてヤバい どれくらいヤバいかというとマジヤバい

どうも。

最近、ZARDの曲ばかりヘビロテしている。

一切流行りの歌を聴くこともせず、ZARDばかりだ。

特に、「Season」・「あなたを好きだけど」・「二人の夏」の3曲はヤバい。

ちょっとヤバいくらい良すぎて、恐ろしく時間を奪われている。

今日もこの3曲をローテーションして、3時間も費やしてしまった。

「本当に賢いものは計画から始めない。まず何に時間を使っているかを考える。」

かのドラッカー先生はそう仰った。



間違いない。

俺にとって今は間違いなく、ZARDを愛聴することだ。


彼女の優しくも芯の強さを感じさせる歌声、彼女が紡いだ詞、そして美しくも切ないメロディーライン。

恐ろしい。

恐ろしいくらい3拍子揃っており、何回聴いても飽きないのである。

爽やかな清涼剤の中に潜む、この淡さと切なさ。

それが80年代や90年代の曲の特徴なのかもしれない。(ZARDは91年から)




リスナーの誰しもが、大切な思い出をそれぞれ持っていると思う。


不思議なことに、彼女の歌声を聴いていると、それを静かに思い出す。

瞬時に、その場所まで辿り着いてしまう。

楽しい思い出、哀しい思い出。

聴く度に、いつでも人生を回顧するきっかけを与えてくれる。


それが俺にとってのZARDだ。

ご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げると共に、感謝感謝である。


おしまい。