井口佑斗のブログ

井口佑斗のブログです

俺の好きな女で、打線を組んでみた 2017年度版

どうも。

毎年密かに、自分の好きな女で、打線を組んでいるのだが、今年もこの季節がやって来たようである。

現時点での今年のスタメンが完成したので、ここにご披露したい。

いや、こんなことをしている間に、さっさと三国志の続きを書けやと言われそうだが(笑)



2017年のスタメン。

1(遊)本田翼

2(二)川口春奈

3(中)山本彩

4(三)新垣結衣

5(DH)小嶋陽菜

6(右)鈴木杏樹

7(左)ホラン千秋

8(捕)ZARD

9(一)熊切あさ美

これを考えるのに、2時間も費やした。

まさに無駄の極致であるが、

今年もなかなかの強力打線が出来上がった。



なぜこのメンバーになったのか、順番に解説していこう。

まずは1番の本田翼から。


2015年〜2017年の3年間とも1番というポジションに定着しており、もはや不動の1番バッターとなっている。

俺は、ショートヘアの女性に滅法弱い。

ショートが似合う女性は、「地そのものが可愛い」という持論がある。

演技力は「?」だが、バッサーは可愛い。


あの若さをもってして、打線に勢いをつけたい。


続いて2番には、川口春奈が見事打線入りを果たした。

初の快挙である。

一時期、「低視聴率女」というレッテルを貼られたこともあったが、俺はなんのその。

全然気にしていない。

ルックスはあるが、なぜか爆発的に売れない。

そんな風に言われてしまうこともあるが、好みのルックスなので、俺は全然気にしていない。

逆境を跳ね返し、今年は見事にスタメン入りした。

存分にその力を発揮してもらいたい。


続いて3番は、あご姉(さや姉)こと、山本彩である。

去年も三番だったが、日に日にその存在感は増してきている。

将来的には、4番を打たせるつもりであるが、今はあえてこの3番のポジションにしている。

出来る限り経験値を積ませ、ゆっくりと、確実に育てたい。


4番は今年も、平成の吉永小百合こと、ガッキーである。

もはや言葉は要らない。

まさに俺の中で、不動の4番である。


5番には、DHとして、小嶋陽菜を起用した。

俺のなかで彼女は、なんか常に楽しそうに生きているなという印象があり、見ているだけで、こちらも楽しい気分になってくる。

その天真爛漫さをもってして、この打線を、大いに盛り上げてもらいたい。


6番には、俺の中で常にスタメン入りを果たしている、ベテランの鈴木杏樹を起用した。

年齢的に考えても、彼女は劣化しないし、大変美しい。

そこらの10代や20代なんかに、余裕で勝っていると思う。



7番には、今回初登場である、ホラン千秋がスタメン入りを果たした。

よく喋り、キツいものの言い方をするので、世間では、強い女だとか、うるさい女だとか、そういう風に見られているようだが、俺は彼女の話す内容を聞いていると、そこに賢さが滲み出ていると思うし、俺は好きだ。

きっと会話したら楽しいと思う。

そして、料理教室に通う彼女の姿を見て、俺は確信した。

家庭的な女性だと。

その上、彼女を見ていると、一度叱られてみたいという、マゾ的な欲望が、なぜか知らんが、わきあがってくるのである。

普段はそんなことを、これぽっちも感じたこともないのに、俺をそんな気にさせるとは、これはもう、かなりの実力の持ち主ではないだろうか。

そう思ったので、今年はスタメンに入れてみた。


8番には、今は亡き、「ZARD」を捕手に据えている。

2007年に亡くなった時は、俺は大学生だった。

あの時は、大変ショックを受けた。

そのショックのあまり、講義も自主休講したぐらいだ。

訃報を聞いた時、俺はちょうど大学のPCルームに居て、レポートを作成していたのだが、気付いたらポロポロと、涙を流していた。

彼女の突然の死は、それはあまりにも悲しかった。

ひとつの大きな輝く星が消え、この世から、全ての希望が失われたとさえ思った。

亡くなってから、あれから今年でもう10年目になる。

彼女の死は、いまだに信じられん。


続いて9番には、熊切あさ美を入れてみた。

初登場である。

あるテレビ番組で、

「どこか行きたい所はある?」と聞かれ、

「あなたの行きたいところについていく。」と答えていた。


まるで、3歩下がって男の後ろを歩いていく、古き良き昭和の女である。

また彼女はこうも言っていた。

「家では、男の人を働かせたくないと思っている。だからこそ、好きな男に過度に尽くし過ぎて、家政婦を通り越して、もはや介護みたいになってしまう。」と。


このようなタイプの女性は、今の世の中においては、もはや絶滅危惧種のような存在だろう。

俺は直感的に悟った。

これは、保護せねばならぬと。


実はたいていの男は、こういうタイプの女を、心のどこかで、無意識に求めているところがある。


崖っぷちアイドルとして、その名を売っていた時もある彼女だが、最近は妙にエロいなと感じる。

なんかいい味出てきたなと思えるので、今年のスタメンに入れてみた。


以上が2017年度版の打線の解説であるが、いやはや今年も、強力な打線である。

これでリーグ優勝、ひいては、日本一を狙いたい。


おしまい。




ちなみに、2015年と2016年のスタメンがこちら↓


2015年のスタメン↓2016年のスタメン↓

1(遊)本田翼 1(遊)本田翼
2(二)高部あい 2(二)バルサ綾瀬はるか
3(中)鈴木杏樹 3(中)山本彩
4(三)YUI 4(三)新垣結衣
5(DH)小嶋陽菜 5(DH)鈴木杏樹
6(右)ZARD 6(右)ZARD
7(左)前田敦子 7(左)前田敦子
8(捕)石田ゆり子 8(捕)小嶋陽菜
9(一)大政絢 9(一)椎名林檎